Home » アフィリエイト体験談

誹謗中傷の乗り越え方


何かしらで目立つと共感してくれる方が増えるのと同じくらいに、反感を持つ方が増えてしまうのは悲しいことです。

誹謗中傷を乗り越えた経緯

万が一、みなさんにも同じことがあったときのために、私の乗り越えた経緯を書きます。何度か記事にしているので重なる部分がありますのでご了承ください。(「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」でも叩かれたことについて書いてます)

以前は、のほほ~んと誹謗中傷とは縁のない人生を過ごしてきました。でも、アフィリエイトを始めて名前だけが先走りし始めると、ポツポツと私を批判する文章を目にすることが増えてきたのです。

免疫のない私が初めて誹謗中傷を受けたとき、パソコンの前で動けなくなってしまいました。だって、怖いですよね。知らない人が私のことをあれこれ書いているんですから。

中傷が増えれば増えるほど、凹む時間が長くなります。凹んでいる時間というのは何も手につかず、考えることは悲しみや恐怖だけ。こんなことならネットをやめちゃおうかなって落ち込んでいました。

でも、どん底まで落ち込むと、私の負けず嫌いの一面が出てきたんです。

『あれ?凹んでいる時間というのはサイト更新も何もできない状態でロスタイムになってる?私ってば中傷した人たちの思う壺になっているんじゃない???』

凹むってことは中傷した人に負けているってことなんですよ。そのぐらいで大好きなネットを離れるなんてできません。

私にとって中傷を受けたことは良い経験になりました。
ネットをしていなかった頃では気づかなかったいろんな人の考え・行動を垣間見た気がします。すべてが前向きな人だけでなく、人にマイナスパワーをぶつけて生きている人もいるんだとわかりました。

誹謗中傷を受けるのはつらい経験ですが、経験を積んだからこそ他人に対してやさしくなれるような気がします。

ネットでの発言は良くも悪くも発言の対象となる本人に届いてしまう

また、中傷を受ける立場になって気づいたのは、ネットでの発言は良くも悪くも発言の対象となる本人に届いてしまう可能性があることです。

テレビに映るタレントやスポーツ選手を見て「この人キライ」「下手だな」とあれこれ言いたい放題言ってるのと違うと思うんですよ。ネットは書いた言葉が本人に伝わる可能性があります。これが大きな違いだと思います。

読みたくない批判的な文章でもネットサーフィンをしていて目に留まることがあります。たしかにネットで言いたい放題書くのはストレス発散になるのかもしれません。私もおかしいなと思うことは口に出すこともあります。

でも、悪口か意見かを決める基準は、自分の発言に責任を持てるか持てないかだと思うのです。

何かに対して意見を言うときは責任を持ち、生身の人間が読んでいることを常に忘れないようにしています。

2005-10-21 記藍玉ブログより

スポンサード リンク

関連する記事はこちらです。

Comments are closed.

2005 年 12 月 15 日