Home » アフィリエイト体験談

他人をうらやむ気持ち


他人をうらやむ気持ちって、誰にでもあると思うんです。

私だって人をうらやむ気持ちがあるし、目立つ人をみると「なんで~~?」と思うこともありました。でも、それをマイナスパワーにしたらもったいないんです。

ポリシーはユーザーのため

それに気づいたのはかなり前のことになります。

藍玉ちっくの運営をメインにしていた頃、運営暦が長くなって、うちのサイトも古株になりつつありました。

このときはサイト運営者同士の交流が楽しくて、掲示板を行ったり来たりしていました。大切な何かに気づかずにいたのです。

ある日、新しいお小遣いサイトが開設されたのを見たときに、度肝を抜かれました!「私のしてきたことは何?」と自信が一瞬にして崩れ去っていたんですよ。

新しいサイトのポリシーはユーザーのためのお小遣い情報サイト。

それまでのお小遣い情報サイトの多くは、自分のサイト経由で登録者を増やすことが大きな目的で、誰よりも早く新着のお小遣いプログラムを紹介しようと競い合っていた部分があります。もちろん、私もその競争に参加していました。

しかし、そのサイトの出現で目が覚めたのです。そもそも、私が藍玉ちっくを開設した理由は、周りの友達に押し売りのように勧誘したくないからでした。それなのに、競争に参加してる・・・。

このとき、新しいサイトに対してうらやましい気持ちが湧き上がりました。と同時に自分はなんて個性のないサイトになってしまったんだろうと自己嫌悪に陥りました。

このうらやましさの原因は「自分のポリシーをサイトでアピールできること」だったのです。

今の私からは想像できないと思いますが、私はサイト運営暦が長くなっても、ずっと恥ずかしさがありました。交流では自分を出せるのですが、サイトに自分のポリシーを出すのは恥ずかしくてできませんでした。サイトの文章も固くて、親しみやすさには欠けていました。

自分の中にあったポリシーを表に出せずにいた、歯がゆいのに実行できずにいた自分にやっと気づきました。その瞬間、新しいサイトに嫉妬を感じてしまったのです。なんて伸び伸びと自分をアピールできるのだろうかと・・・。

嫉妬を感じてもマイナスパワーにしたくない

どのくらい落ち込んだでしょうか。嫉妬を感じてからというもの、「どうすればいいの」とのた打ち回り、もう私のサイトの価値は無いなって思うぐらいに落ち込みました。

でも、たとえ嫉妬を感じてもマイナスパワーにしたくなかったんです。
それをしたら胸を張ってネットをしてますなんて言えなくなります。そして、自分自身を嫌いになってしまいます。それだけは絶対にしたくない。

はっ!と、嫉妬をプラスに変えるには、私も自分の気持ちをサイトに出していけばいいんだと気づきました。恥ずかしいなんて言ってたら、いつまでも個性のないサイトのままなのです。

不思議なことにプラス方向に心を決めたら、すーっと嫉妬心が消えました。

この出来事があってわかったことは、マイナスパワーにすると、嫉妬心は永遠に続いてしまいます。プラスに方向転換すれば嫉妬心はすーっと消えていきます。また、プラスパワーは自分が前に進むための大きな力になるのです。この違いをずっと忘れないでいたいです。

そのきっかけを与えてくれたサイトには感謝しています。今でもそのサイトの管理人さんは大切な友達です。

この出来事は自分がとっても小さくみえて、親しい友達にしか話せませんでした。でも、私にはたくさん悪い面もあることを徐々に出していくことにします。

光の部分だけでなく影があるから、立体的に伝わるかなぁ・・・と。

2005-10-27 記 藍玉ブログより

スポンサード リンク

関連する記事はこちらです。

Comments are closed.

2005 年 12 月 27 日